中性脂肪が多いと血液ドロドロ

食生活習慣の見直しで中性脂肪を減らそう


中性脂肪とは、3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結び付いてできていることからトリグリセリドとも呼ばれ、中性脂肪の値が高くなると、皮下脂肪や肝臓に蓄積され、高脂血症、脂質異常症、メタボ、脂肪肝、肥満、動脈硬化などにつながる恐れがあります。

参考:高脂血症になると血液がドロドロ状態になり血管が詰まりやすい状態になります。

中性脂肪が高い原因は、食事面から言うと肉などの脂肪分や、甘いものの摂りすぎに注意が必要です。

また、食べる量だけでなく、適度な運動を取り入れることも大切です。中性脂肪を減らすには、食生活の改善は必須です。

ビタミン、ミネラル、食物繊維、緑黄色野菜を積極的に摂ることはもちろん、糖分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎに注意する必要があります。

ちょっとしたことで中性脂肪を下げることに役立つので、是非食生活の見直しをしてみてはいかがですか。

悪玉コレステロールを下げるのは非常に大事です!






中性脂肪の落とし方について

中性脂肪とは簡単に言うと体についたぜい肉のことです。中性脂肪が体にたくさんついているといろいろな悪影響があります。

例えば、動脈硬化や糖尿病になりやすくなってしまうのです。

中性脂肪がたまりやすい原因に、甘いお菓子やジュースを毎日たくさんとることや、喫煙、ストレス、飲酒また運動不足といったものがありますが、中性脂肪を減らすには原因となるものを減らせばいいのです。

食事制限でいうと、甘いものは控えて一日の摂取カロリーを意識して、食べ過ぎないということが大切です。

また食事制限とともに適度な運動をすることも大切です。

中性脂肪が溜まりすぎると命にかかわる重大な病気を引き起こす可能性があるので、中性脂肪を減らす、溜めないということが重要です。

血液サラサラ サプリ 食べ物